>>home  >>みんなの子宮頚部異形成、子宮頚癌(子宮頚がん)体験談  >>細胞診:高度異形成、組織診:上皮内癌(上皮内がん)0期で円錐切除術を受けたBさんの体験談

最終更新・記事内容確認日:2010/11/02

細胞診:高度異形成、組織診:上皮内癌(上皮内がん)0期で円錐切除術を受けたBさんの体験談

sarryさんはじめまして。34歳既婚のものです。
私は(2007年)10月に会社の健康診断を受けひっかかりました。紹介状を貰い大学病院で再検査を受けました。細胞診では高度異型成3bでしたが、その後の組織診(コルポ診?っていうんですかね?)では上皮内癌の0期という診断でした。
診断結果を聞いたときは自分が夢の中にいるような感覚になり「何で??自分が??だって痛くも何ともないのに・・」と認める事が出来ませんでした。その後はPCなどで自分の病気を調べまくり毎晩泣き、家族(子供はいないので主人)に当たり散らし・・と悲惨な状態でした。けれども主人の気持ちや同じような体験をされている人の体験を見て「こんなんじゃ駄目だ!!なってしまったものは仕方のない事だし、とにかく治そう」と気持ちを切り替えました。それから円錐切除術を受ける事になりました。

私の場合は11月19日〜2泊3日の日程で手術は20日でした。
レーザーを使っての手術でしたが私が全身麻酔を希望したので記憶もなくあっという間に終わってしまいました。手術後は尿管を通されて食事も無くひたすら点滴だけでした。夜は麻酔の副作用か頭痛があり氷枕をもらいました。
翌朝は朝から通常の朝食が出てぺロッとたいらげてしまいました。そして診察を受けそのまま退院になりました。
出血は初めの5日間位少しだけ出ていましたが今はほとんどありません。おそらくもう少ししたら、かさぶたのようなものが取れてくるんでしょうね?仕事も復帰しています。たまに下腹部に違和感(つる感じ)はありますが痛みはないです。明日、術後の診察と切った細胞の検査結果が出ます。浸透度がマズイ事になっていたら・・と不安な面もありますが、とにかく前向きな気持ちで行こうと思います。

結婚して1年ちょっとですが子供も諦めた訳ではないので癌を早めにやっつけるようにしたいです。
文章がうまくまとまらなくなってしまいましたが悩んでた時にこのサイトを見つけて随分救われたので少しでもお役に立てれば・・と思い書き込みしました。

【追記:2008/01/29】その後のご報告をいただきましたので追記させていただきます。
sarryさんこんにちは。昨年11月に手術を受けたものです。手術を受けてから約3ヶ月が経ちました。
退院直後は元気ですぐに仕事も復帰したんですが、12月になってインフルエンザ⇒年明けノロウィルス⇒風邪と立て続けに体調を悪くしてしまいました。
1月16日にコルポ診を受けてきたので一連の体調不良の相談をした所『手術して完全に体力や抵抗力が戻っていないので次々と感染してしまうんですよ。できれば安静にして体力温存してください。手術を受けるって事はそれほど大変な事なんですよ』と言われ反省・・・。
翌週(昨日)コルポ診の結果が出ました。手術で切り取った切り口(一番内側)の組織からは癌細胞が検出されて『もしかしたら4〜5年先に子宮を取り除く事を考えていただいた方が良いかもしれませんね』と言われていたのである程度は覚悟して行ったんですが、『レベル2まで下がっていたので大丈夫そうです。次は3ヵ月後に来て下さい』との事でした。
その結果に力が抜けてしまい2度も3度も先生に確認してしまいました。一応良い方向に向かっているとの事でしたがまだまだ安心はできないので検診はきちんと受けていきたいと思います。そして出産という目標もある為今度は不妊治療を受けるつもりです。
管理人さまを始め、みなさんの体験談心強く感じました。ありがとうございます。


この体験談に寄せられたコメント(こちらの体験談にコメント(感想)を掲載できます!メールでお寄せください。)
管理人@sarry:ご報告があり次第、術後の病理結果などUP予定です!→ご報告いただきましたので追記させていただきました。



『みんなの子宮頚部異形成、子宮頚癌(子宮頚がん)体験談』目次

[追記:2009/07/27]
当サイト内記載情報は、なるべく幅広く・新しいものを掲載したいと思っていますが、管理人@sarryが子宮頚部異形成の治療を行ったのは2006年2月です。私が気付いた点や新しく得た知識・情報等は加筆・追記等でお知らせしたいと思っていますが、対応出来かねない場合も勿論、御座います。当サイト上に記載されている情報はあくまで管理人@sarryが体験した時点での個人体験談・感想・意見・知識であることを念頭に、ご自身の判断・責任の元にご利用下さい。当サイトで得られる情報・コメントは、あくまで参考程度にし、詳しくはあなたの状態をよくご存知でもある主治医にご相談・ご確認くださいますようお願い致します。
尚、当サイト・管理人@sarry・及び当サイト運営者はいかなる場合にも責任を負うことは出来ませんので、予めご了承下さい。

pagetop