当サイトは、子宮頚がんの前がん病変である【子宮頚部異形成】に関する情報交流サイトです

免疫力アップ・維持のためにやっていること

免疫力でHPVを体外へ排除し、異形成の自然治癒を手助けしよう!

まずは異形成にならない為に、既に今、異形成がある人は異形成を自然治癒する為に、どちらにも共通しているとても重要な事は、感染したヒトパピローマウイルス(HPV)を自己免疫力によって体外へ自然排除することです。

性交渉で仮にヒトパピローマウイルス(HPV)に感染してしまっても、自己免疫力で体外へ自然排除出来れば長期感染することがないので、異形成へと進行することもありません。

実際、性交渉経験のある女性の80%の人は、一生のうちに一度はヒトパピローマウイルス(HPV)に感染していると言われています。

 

HPV(ヒトパピローマウイルス)に感染した10人の内、9人は自己免疫力でHPVを体外へ自然排除し、異形成や子宮頚癌へ進行することはありません。

ですが、残りの1人は免疫力が低下していることなどが要因の1つになり、HPVを自然排除することが出来ずに、HPV長期感染し、喫煙やストレスなど、その他の要因も加わることで異形成・子宮頚癌へと進行してしまうのです。

(免疫力については『自己免疫力と抵抗力』、異形成については『子宮頚部異形成とは』、ヒトパピローマウイルス(HPV)については『HPVについて』『ヒトパピローマウイルス(HPV)感染予防について』『ヒトパピローマウイルス(HPV)ワクチンについて』記載しています)

管理人@sarryと同じく、異形成の治療をされた方から「HPVに再感染するのはイヤなので、もう性交渉はしたくありません」というお話が私の元に寄せられますが、管理人@sarryはそうは思いません。

上記した通り、仮にHPVに再感染しても、自己免疫力でHPVを体外へ自然排除すれば良いのです。

そして、その自己免疫力が低下してしまわないように免疫力UP・維持の生活を送ることが今の管理人@sarryのライフワークの1つになっています。

免疫力を下げない事は、異形成や子宮頚癌だけでなく、風邪やその他たくさんの病気予防、いきいきと元気に充実した生活を送る為にもとても大切なことです。

高度異形成治療後の定期検査で、「細胞診結果クラス1・2(正常)」を維持している管理人@sarryが、免疫力UP・維持の為に行っている事などを具体的にご紹介しますので、参考になれば幸いです。

 

Sponsored

 

免疫力UP・維持の為に行った(行っている)こと

免疫力を上げる為に、管理人@sarryはまず、自分の生活を見直しました。

タバコは既に数年前に辞めていましたのでこちらはクリア。

(家族に喫煙者もおり、同じ室内で吸われていましたが特に気にしていませんでした。

「あまり気にしすぎない」「不安になりすぎない」「マイナス思考にならない」というのも、免疫力UPには大切なことだと思います)

管理人@sarryがまず最初に見直すべきだと思ったのは、体に取り入れる食べ物・飲み物についてでした。

人間の体は70%が水分だと言われるように、飲み物に気を使うと、細胞が入れ替わる周期(28日)が過ぎた頃に体の中がクリアになり、軽くなるような感覚を実感しました。

今ではジュースなど糖類が入った飲み物を飲むと、なんとなく体が重たくなり鈍るような気がするので、ジュース類は殆ど飲まなくなりました。

(フルーツジュースも100%のものを5~10倍くらいになるように、水や炭酸水で薄めて飲みます)

体に良い飲み物(水)で、すぐに思いついたのは一時期、メディアでも話題になった日田天領水(ひたてんりょうすい)」でした。

体内浄化作用が大変高く、「天然活性水素水」とも呼ばれている世界的にも稀な天然水で、「腫瘍が消えた」「治らないと医師に見放された怪我・病気が治った」と大変話題になったのでご存知の方もいらっしゃると思います。

実家では常飲していたのですが、実家を出てからは飲んでいませんでしたので、すぐに取り寄せ、今でも引続き愛飲しています。

とても柔らかい水で飲みやすく、美味しく、料理やコーヒー・お米を炊く際に使用するのもオススメです。

(管理人@sarryは、あの名水「日田天領水」を使用したウォーターサーバーを利用していますが、会社勤めの時は、ペットボトル入りをまとめ買いして持ち歩いていました。他にボックスタイプもあります)

 

Sponsored

 

管理人@sarryが住んでいた九州では、メディアで取り上げられる以前から「日田天領水」の存在はよく知られており、特に意識することなく飲んでいました。

それまではニキビなど全く出なかったのですが、1人暮らしを始めてまもなく、一気にニキビが出現し、特に口周りやアゴなどは酷く、いわゆる「大人ニキビ」が出てとても悩みました。

この時、お世話になった皮膚科医師に「ストレスやビタミン不足は勿論だが、水が合わないことも原因かもしれない」と言われ、実家では「日田天領水」を飲んでいたことを思い出し、やっぱり水って大切なんだな~と実感しました。

(その後、「日田天領水」を飲むようになってからは次第にニキビも治まり、ニキビ跡も一切残らず以前の肌を取り戻しました。ニキビや肌荒れに悩んでいる方にもオススメです!)
ちょっと話がそれてしまいましたが・・・次に行ったのは、食生活の見直しです。

異形成が判明した頃は、朝食はコーヒーのみ・昼食は外食・夕食は自炊でしたが、それ以前は、午後~夜中まで働いていたこともあり、昼前に起きて夕方やっと食事(殆ど外食)を摂り、仕事を終えると大量のお酒を飲む・・・という、とても健康的とは言えない生活を送っていました。

今思うと、圧倒的に野菜や大豆製品類の摂取が少なかったと思います。

野菜は好きでしたが、自炊の際は手軽に食べれるトマトやキュウリ・ナス・ニンジンなどのような調理しやすい野菜が殆どで、里芋やゴボウ・カボチャなどは冷凍カット野菜で調理していました。

カット野菜が悪いという意味ではありませんが、異形成が判明してから、無農薬野菜や有機野菜、無添加食品を食べるようになり、それまでスーパーで購入して食べていた野菜たちとは違い、味がとても濃く、「生きている野菜」を食べているんだ!という実感を得ました。

(数箇所から無農薬・有機野菜を取り寄せてみましたが、管理人@sarryのお気に入りはOisix(おいしっくす)です。

 

Sponsored

 

最初は「おためしセット」を注文しましたが、箱いっぱいにぎっしりと詰まった野菜たちに感動し、味わってみて更に感動したのを今でも覚えています。

今でも、お野菜が届き、箱を開ける時のドキドキ感や、箱に詰まった野菜で何を作ろう?と想像するワクワク感はたまりません♪)
免疫力UPや健康の為に良い栄養素を摂取する為に、新鮮な無農薬野菜や有機野菜を摂取することはとても良い事です。

管理人@sarryも、野菜を沢山食べていれば大丈夫だと思っていました。

しかし、一日に必要だとされている野菜やくだものの量を知り、正直、「毎日こんなに食べれないし、野菜果物代が大変・・・!」だと思いました。

そこで、それまで「マズイ!と評判だから絶対飲みたくない」と思っていた「青汁」を飲んでみようかな・・・と思うようになったのです。

でも、いくら体に良いと分かっていても、マズイものを飲むのには抵抗がありますし、何より続かないと意味が無いと思い、「美味しい青汁」を探すことにしました。

試飲したり、友人・知人に青汁を飲んでいる人がいないか?聞きまくり、ようやく「美味しくてゴクゴク飲める青汁」と出会いました。

管理人@sarryは免疫力UPの為に、ほぼ毎日欠かさず青汁を飲んでいます。

[2017年11月加筆]・・・現在、私が飲んでいる青汁は、@sarry運営ブログ『免疫力UP!目指せ☆ステキな女性と健康生活』の青汁カテゴリにまとめました☆

最近のお気に入りは、ポリフェノールもとれる青汁「藍の青汁」です♪

(2018.1より家族で統一しました))

レビューしたので青汁探しをされる方に参考になると幸いです。

もちろん、野菜もモリモリ沢山食べますが、毎日毎食必ず食べているか?というと、食べないこともありますし、旅行や外食などで必要量を摂取出来ないこともあります。

しかし、毎朝この青汁を飲めば「野菜量足りてるかな?」と心配することが無いし、何より、体に良いことを続けているという自信も免疫力UPに繋がっているような気がしています。

Sponsored

 

更に、免疫力アップの為に必要な栄養素の1つに「葉酸(ようさん)」という栄養素があることを知りました。

葉酸は、日本では妊娠中と授乳中に普段より多めに摂取するように婦人科医も推奨していますが、妊娠を望んでいない女性でも、最低200μg、できれば400μgの葉酸を毎日摂取すると免疫力UPなど、様々な面からみて良いそうです。

(詳しくは管理人@sarryの個人ブログ『免疫力UP!目指せ☆ステキな女性と健康生活』内の『免疫力UP!の為にサリィが摂取している葉酸サプリ☆』に記載しています)

葉酸は、ホウレン草やブロッコリー、イチゴなどに含まれていますが、青汁同様に、食べ物だけから一日に必要な葉酸量を摂取するのは大変なことです。

例えば、1日200μg摂取したいなら・・・ホウレン草なら100g(身長161センチの私の両手こんもり一杯分ほど)、今後妊娠を希望する方(1日400μg)なら、その倍のホウレン草を毎日食べ続けることになります。

野菜に含まれている栄養分も昔の半分ほどに減っているそうなので、それだけ食べても無事に希望する葉酸摂取量を摂取できているのか分かりません、、

管理人@sarryは、折角沢山の野菜を食べているのに「望む栄養素を摂取できていないのでは?」と不安を感じるのは嫌なので、野菜は野菜で美味しく食べるけど、必要な栄養素はサプリできっちり摂取しておきたいと思い、毎日服用しています。

[2017年11月加筆]・・・管理人@sarryが免疫力UPの為に、これまでに飲んだ葉酸サプリは私のブログである『免疫力UP!目指せ☆ステキな女性と健康生活~葉酸カテゴリ』にレビュー記事にし、まとめました!皆さまの葉酸サプリ選びに役立ててもらえると嬉しいです。

 

Sponsored

 

婦人科医も推奨し、母子手帳にも記載されている葉酸について

胎児の神経系障害のリスクを低減させる為にも摂取を推奨されている葉酸ですが、少なくとも「妊娠1ヶ月前からの葉酸摂取」が望まれています。

いつ妊娠するか? を事前に知ることは出来ませんので、欧米では、将来、赤ちゃんが欲しいと思っている女性は、日頃からの葉酸摂取が推奨されています。

管理人@sarryは特に子供を希望していたわけではありませんでしたが、いつか欲しくなった時・妊娠した時、そして免疫力アップの為に「厚生労働省推奨の【葉酸サプリ】」を服用していました。

こちらの葉酸サプリは、鉄分とカルシウムもプラス!

更に、質のいい乳酸菌と食物繊維、その他ビタミンB6など、女性に必要な栄養素がぎゅっとバランス良く詰まっているのでオススメです。

ほんわかパイナップル&ヨーグルト味がして飲むのも楽しくなります♪

厚生労働省推奨というのも、安心ですよね。

 

Sponsored

 

それから、『自己免疫力と抵抗力』にも記載していますが、「とにかく体を冷やさない」「体温が1℃下がると、免疫力は約37%も低下する」ということを学びました。

体を冷やさないように気を付ける、というと、「氷入りの冷たい飲み物を避ける」「なるべく温かい飲み物(或いは常温で)を取る」ということを思い浮かべると思いますが、実は、温かい飲み物の中にも体を冷やしてしまう飲み物があります。

管理人@sarryも知らなかったのですが、コーヒーや緑茶は体温を下げる飲み物なので、体が冷え、免疫力が低下してしまうことになります。

ホットの飲み物なら何でも体が温まると思っていたので、この事実はとても意外でした。

管理人@sarryは、昔からコーヒーが大好きで、1日5~10杯は飲んでいたと思います。

今思い返すと、冬は足や手がとても冷たく、眠る時も分厚い靴下を2枚・3枚重ねて履き、指先も冷たくて冷たくて、手袋の2枚重ねや、眠る時もホッカイロが手放せませんでした。

「冬だから寒くて手足が冷えるのは当たり前」だと思っていましたが、実は、体を温めようとして飲んでいたホットコーヒーが体を更に冷やしていたとは・・・

これを知ってからは、体を温める柚子茶(湯)やショウガ茶(湯)を飲むようになり、飲むとすぐ体が内側からポカポカしてきて、今では冬場眠るときに靴下を履くことはありませんし、手袋なんて、勿論、着けずに眠れるようになりました。

【補足】コーヒーや緑茶や水、牛乳、ビールなどが体を冷やす飲み物だからといって、それらが悪い飲み物だということではありませんので誤解されないで下さいね!

コーヒーにも緑茶にも、それぞれ良い作用だってあります。

コーヒー好きな管理人@sarryは、今でもコーヒーも頂きます。

大切なのは、メリット・デメリットを知った上で、デメリットをなるべく少なくするように工夫することだと思います。

例えば、コーヒーを飲むときは、一緒に黒砂糖(白砂糖は体を冷やします)を一欠けらかじったり、少し入れたり、夜は体を冷やすコーヒーではなく、体を温める作用のあるショウガ茶や柚子茶にしたり。

免疫力UPの為だからといって、あれはダメこれはダメと我慢の生活を過ごすのは、結果、ストレスによって免疫力を低下させてしまう可能性があると思うので、楽しみながら制限したり、デメリットを補う方法を見付けたりする工夫が大切だと思っています。

 

Sponsored

 

体に良い野菜類も、生サラダで食べると体を冷やしてしまうので、体を温める作用のある食べ物も一緒に食べるなど気をつけた方が良いそうです。

加熱して食べたいところですが、油で炒めることで吸収率が上がる野菜・栄養素もある一方、加熱すると壊れてしまうビタミンなどもあるので、やはり、サプリや青汁も併用してしっかり摂取することが大切だと思っています。

更に、管理人@sarryが体を冷やさない為に行っている事は、腹巻(はらまき)を着ける事です!

冬はもちろん、夏でも冷房で体が冷えると分かっているときには着用しますし、冷えてきたな~と感じたら腹巻をします。

今は、薄手で見えても可愛いのが沢山あるので、夏場でも手軽に取り入れられるのでオススメです♪

特に、お尻や太股の裏側などは、夏場でも冷たく冷えていることがあります。

自分では冷えている意識は無くても、体は冷えている事があるので、冬場以外でも触って確認し、冷たさを感じたら腹巻などでお尻(腰)~太股付近までカバーしたりします。

他には、足元が寒いときにはレッグウォーマーをしたりしています。

冬場は勿論、夏場も体の内側・外側からも冷え対策を行うことが免疫力アップには必須だと思います!

管理人@sarryが今、愛用中の腹巻はこちらです♪

Sponsored

 

その他には・・・2008年秋から、「酵素飲料(こうそいんりょう)」を飲むようになりました。

ちょうどその頃、体がとてもだるくて、眠っても眠っても眠たくて仕方無く、それまでの生活を送ることが困難になる程でした。

「眠り病」なんじゃないか?! と真剣に思う程、毎日眠たくてたまりませんでした。。

(この頃の管理人@sarryについては『体調不良の原因は?』に記載しています)

 

病院へ行き、血液検査等行ってもらいましたが、「西洋医学的には限りなく健康です。」と言われ・・・

「こういう場合、鬱病を疑うが、何人も診ているから鬱病の人は診てすぐ分かる。あなたは違う。」と言われ・・・

「毎日8時間以上眠っているのに眠たいということは、睡眠の質が悪い可能性があります。眠っているつもりでも、実際は眠れておらず、結果、睡眠不足で眠たいということかもしれません。」

ということで、本当に眠れているか? 確認する為に睡眠導入剤を試しに1週間服用して眠ることになりました。

睡眠導入剤って、いきなり熟睡モードに陥るそうですが、本当にいきなり深い眠りに入った感覚がして、目覚めた後ビックリしました。

試しに1週間服用したものの、日中のダルさや、眠たくて眠たくてたまらないという症状は変わらず、「自律神経のバランスが乱れているのかもしれません。」と言われました。。

西洋医学では、原因が分からないのに何か症状を訴える場合に、この「自律神経のバランスが乱れている」ということを使うことがあるそうです。

西洋医学ではどうすることも出来ないことを知り、ちょうど数ヶ月前から発生していた「歯痕舌(しこんぜつ)」の件もあったので、漢方薬局で診てもらおうと調べ出しました。

(詳細は管理人@sarry個人ブログより『歯痕舌?!』ページに記載しています)
が、私が選んだ漢方薬局では、診察費と漢方(2週間分)で5万円位で・・・

ちょっと勇気の要る金額だったので、こちらは最終手段にして、他に何か方法は無いのか? と探した結果、「酵素飲料(こうそいんりょう)」という、それまで特に気に留めていなかった存在に出会ったのです。

 

Sponsored

 

管理人@sarryが酵素飲料と出会ったキッカケは、以前から少し興味があった「デトックス」でした。

デトックスとは、体内に溜まった毒素を排出させるという健康法です。

どんなに健康に気を使っていても、環境や食べ物(化学調味料・合成物など)などから摂取した体にとって良くない物が毒素として体に溜まっていってしまいます。

その毒素を排出するのが解毒、デトックスです

(詳細は『体内リセット!ファスティング実行中です♪』でお読み頂けます)。

 

その、デトックスを行う為に欠かせないのが「酵素(こうそ)」という栄養素です。

(酵素については管理人@sarry個人ブログ『免疫力UP!目指せ☆ステキな女性と健康生活』『「酵素」の働き』に記載しています)

 

デトックス開始初日は酷い頭痛がありましたが、これは「それだけ体に毒素が溜まってますよ」って事らしく、体が悪い状態から良い状態へと変わる「好転作用(こうてんさよう)」なんだそうです。

(こういう事もありますから、週末などお休みの日に開始されると安心だと思います)

管理人@sarryにはこの方法が合っていたようで、体調はどんどん良くなり、1週間のデトックス期間が終了する頃にはすっかり元気に復活していました!

体もスッキリして、頭が冴え、肌の調子も良いし、体が入れ替わったかのようなクリーンな状態になったのを実感しました。

(管理人@sarryのデトックス体験については、『体調回復ヽ(´▽`)/』『引続き酵素飲料、飲み続けてます♪』『2ヶ月半経過中!酵素飲料(エンザイム)』でお読み頂けます)

 

Sponsored

「ファスティング」は「ダイエット目的」で行われることもあり(管理人@sarryは今回はダイエット目的ではありませんでしたが)、体重が2㎏減っていたことは嬉しかったです。

(一時期流行った朝キウイダイエットや朝バナナ、グレープフルーツ、リンゴダイエットなども、この酵素を体に沢山取り入れて体をリセットすることで、結果的に体重も減っている=ダイエットになるんだそうです)

「酵素飲料」は、1本1万円位~と結構なお値段なのですが、管理人@sarryが飲んでいる酵素飲料は1/3程度とお手頃な価格だし、発送も翌日には届く程早い(注文のタイミングもあるかと思いますが)し、梱包も丁寧なので、とてもオススメ出来る酵素飲料です。

(酵素は生きているので、きちんと管理して発送を行わないと、効果が得られないそうです)

妊娠・授乳中も酵素摂取は健康の為に良いので、管理人@sarryはずっと飲み続けています。

出産は最大のデトックスだそうですから、卒乳後はダイエット目的でファスティング(プチ断食)やりたいと思っています!

Sponsored

 

最後になりましたが、ストレスは免疫力を低下させるとされています。

しかし、適度なストレスは適度な刺激となり、メリハリのある生活を送ることが出来たりします。

ストレスの全てが悪いわけでは無く、ストレスを受けても、そのストレスを自分なりに発散させる事が大切だとされています。

「ストレスを受けたな~」と感じても、すぐに「免疫力が低下しちゃう!どうしよう・・・!」と自分をパニックに追い込むのではなく、

「よし、今度の休日には大好きな○○(ショッピングや軽い運動、料理、お菓子・パン作り、バイキングで美味しい物を楽しく食べる等、自分がワクワクウキウキする事)をしてストレス発散・解消しよう♪」と、

前向きに受け止めて乗り越えていく姿勢が大切だと思っています。

生きている以上、ストレスから逃れることは出来ないと思いますし、多少のストレスがあってこそ、生きがいや達成感にも繋がる気がします。

自分にとっての適度なストレス量(このくらいのストレスなら私は大丈夫、と、許容範囲を知る事も大切だと思います)を知り、ストレスと心身のバランスを上手く取ることで、充実した毎日を送る事が出来るのではないか?

そしてその結果、免疫力アップ・維持し、心身共に健康な生活を送る事に繋がるのではないか? と思っています。

 

Sponsored

 

仕事をしていても、していなくても、働いている時は働いているなりに、家庭に入れば家庭に入ったなりに、ストレスは必ず生じるのです。

もちろん、胃が痛くなったり、夜眠れない、生理不順になってしまった・・・というような、過度なストレスは良くありません。

その環境を改善する事が出来れば何よりですが、急には変えられない事もあると思います。

そういう時は、どんどんストレスを溜め込んでしまうのは避け、今あるストレスを上手く発散する何か「自分に合った手段」を見つけて、どんどん解消していって欲しいと思います。

管理人@sarryも、自覚はありませんが、きっとストレスを受けているのだと思います。

これを書いている2010年6月現在、生後8ヶ月の赤ちゃんが居て、自分の好きな事や思うように物事が運ばない事も多い毎日です。

他にも、皆さんと同じように、家族(両家両親など)との問題なども普通にあります。

管理人@sarryにだって、確かにストレスはあるのだと思います。

でも、だからといって嘆いていても仕方ありません。

自分で選んだ道なのですから、自分で工夫して毎日を楽しく過ごす方法を見つけるしかありません。

女性誌を眺めて「可愛い♪ステキ!」と目指す自分を想像したり、ショッピングを楽しんだり(専らネットショッピングに偏っていますが…)、皆で美味しい物を食べたり、家族旅行をしたり・・・

3ヶ月に一度でもいいから、そういうご褒美を自分に与えてストレス解消する時間を楽しむ工夫をする事がとても大切だと思っています。

合わせて、上記した「免疫力アップ・維持」に欠かせない事も、併せて続けていきたいと思っています。

 

Sponsored

 

それから・・・他に悩んでいる方の為に、管理人@sarryが知っている事を追記しておきます。

不妊で悩んでいる方に是非飲んでみて欲しいのが、『5年間不妊だったサリィの知人が服用開始3ヶ月で妊娠したサプリ(『妊娠を希望する女性たちへ』『不妊で悩んでいる方へ・・・』内に記載しています)』です。

 

そして、これは本当に大切な事ですが、細胞診結果に一喜一憂しないということも大切だと思います。

3ヶ月毎など、定期的に経過を診る為に検査を続けている方の不安な気持ちは、管理人@sarryも経験しているので良く分かります。

「免疫力UPの為に色々やってるし、今度こそ細胞診結果2か1だよね?」と思う気持ちも良く分かります。

期待と裏腹に、細胞診結果が正常では無かった時のショックなお気持ちも、本当に良く分かります。

 

「前回の検査結果からこの3ヶ月ずっと免疫力UPの為に頑張ったけど、細胞診結果は変わりませんでした・・・」というお話は、時々、『当サイトbbs』や管理人@sarryの元に寄せられています。

3ヶ月って長い期間の類に入るのかもしれません。

(ダイエットが3ヶ月も続けば、かなり立派ですものね!)

 

Sponsored

 

しかし、免疫力というのは、「ちょっとストレスが溜まった」とか、「ここ2~3日睡眠不足だった」とか、それ位の事で一気に下がったりするものでは無く、もっと長い期間(半年~1年くらい)かけて下がっていくものなんだそうです(風邪や病気、妊娠などで急に低下することはあります)。

だから、一度下がった免疫力を上げるのにも、最低1年はかかると聞いたことがあります。

 

3ヶ月毎に定期検査を受けるとすると、1年で4回検査を受ける事になるので、「全然、免疫力上がってくれない!」と投げ出したくなる気持ちや、「また細胞診結果、正常じゃなかった…」と落ち込む気持ちにもなると思います。

ですが、初めから「(最低でも)1年がかりで免疫力を上げていこう!」と思っていれば、少し気持ちがラクになれるのではないかと思います。

もちろん、経過を診ているその1年間のうちに治療を受けることになるかもしれません。

免疫力だけで治療出来ない場合もあると思います。

でも、術後、また再びHPVに感染しても今度こそ自己免疫力で体外へ自然排除し、異形成に進行させない為にも免疫力UPを続けて欲しいんです。

定期検査を受けている方は、その結果に一喜一憂し過ぎること無く、のんびり構えて、自分で選んで続けている事を信じて「免疫力アップ・維持」を目指す生活を楽しんで欲しいと思います。

今回の異形成の自然治癒(しぜんちゆ)には間に合わなかったとしても、免疫力をアップさせて維持していくことは、他の病気を防ぐ事にもなりますし、再び異形成へと進行させない為には欠かせない事です。

免疫力アップ!サプリが遂に登場♪
どんなサプリなのか?レビュー記事にまとめました。私も毎日飲んでいます(*^-^*)

 

Sponsored

 

長くなりましたが・・・管理人@sarryが、高度異形成判明の2005年~免疫力UPの為に取り入れてきたことをご紹介してきました。

途中、話が脱線したり、免疫力UPとは直接関係無いお話も記載してしまいました・・・

削除してしまおうか? 迷いました。

 

しかし、どんなに健康的な生活を送っていても体の不調を感じることもあるものです。

管理人@sarryにもそんな時期があり、そんな時、管理人@sarryが、どのように考え、乗り越えてきたのか? 読んで頂くことで少しでもあなたのお役に立てたらいいなと思い、そのまま残すことにしました。

上記の事、全てを一気に取り入れるのは難しいかもしれません。

管理人@sarryも、一度にこれらの事を開始したわけではなく、色々やってみたこの5年間を振り返ると、これらの事が残り、今も続いているというわけです。
免疫力アップ・維持」、健康に効果があると実感したものをご紹介していますが、人によっては合わないものも当然あるかと思います。

管理人@sarryは一切の責任を負う事は出来ませんので、ご自身の判断・責任でお願いします。

他にも、思い出した事や、今後ご紹介したいオススメ情報が出てきたら更新したいと思います。

管理人@sarryが「免疫力アップ・維持」の為に行っている事が、あなたの「免疫力アップ・維持」にお役に立てると幸いです。

【以下、管理人@sarry運営中の個人ブログです。ご興味おありでしたらお待ちしています♪】

『免疫力UP!目指せ☆ステキな女性と健康生活』
『めざせ!オキラク子育て♪~円錐切除術後の妊娠と出産、そして育児!』

2010/06/02  管理人@sarry
2017/11/05 記事見直し・加筆