当サイトは、子宮頚がんの前がん病変である【子宮頚部異形成】に関する情報交流サイトです

子宮頚がんと低用量ピルの関係

Sponsored

 

低用量ピルについて
低容量ピルは21日間服用し、7日間の休薬期間を設けます。この期間に生理が起こります。低容量ピルは避妊薬ですが、服用している期間は排卵が起こりません。その結果避妊効果があるというわけです。
低容量ピルが日本解禁になった頃、副作用が過大に心配されており、今でも抵抗がある女性もいるようです。中容量ピルでは副作用も若干あるといいますが、低容量ピルでは殆ど副作用の心配もありません。(『管理人@sarryの低用量ピル服用体験談』を読む)

又、低用量ピルを服用するためには医師の処方が必要です。血圧が高い方や喫煙と年齢などの問診や視診などで問題がない場合に処方してもらえます。
現在はネットで輸入・購入できる世界ですが、”医師の処方が必要な薬”ということは”副作用が出る人もいる”ということですから個人で勝手に判断し服用するのではなく、やはり医師の診断の下で正しく服用することが大切です。
又、飲み忘れなければ99.99%避妊できますが、コンドームとは違い、性感染症の予防にはなりません。

低用量ピルで予防できる癌(がん)があります
管理人@sarryは26歳から3年程、低容量ピルを服用していました。
低容量ピルが子宮頚癌(子宮頚がん)の発生に関係あるのでは?と一時期言われていたようですが今では子宮頚癌(子宮頚がん)の原因はHPVだと判明し、むしろ低容量ピルは子宮体癌(子宮体がん)や卵巣癌(卵巣がん)の予防になることから服用を勧めている医師も多いようです。(避妊薬ですので妊娠を望む女性には勧めません)