検査結果「3a」「as-cus(アスカス)」と言われて不安いっぱいで訪問された方へ>>

子宮頸部ってどこ?場所と役割をイラストで分かりやすく説明

子宮、子宮頸部まわりの部位をイラストで分かりやすく説明

子宮頚部の位置

子宮(しきゅう)」は中身がカラの洋梨型をしており、下方の狭い頸部と上方の広い体部の2層に分かれています。



子宮頸部の場所

「子宮頸部(しきゅうけいぶ)」は、子宮の下の方にあります(子宮は胎児が発生する空洞の筋肉組織)。

「子宮頸部」の直径は約2~2.5cmで、膣または産道の中へ2.5cmほど円筒状に突き出していて、子宮体につながっています。



子宮頸部の役割

子宮頸部は普段、ぴったりと閉じていて、子宮内への異物、水やウイルスなど病気の感染源が入るのを防いでいます。

「子宮頸部」は子宮から出てくる月経血やその他の組織を通す弁の役割をし、精子は子宮頸部を通って受精にいたります。妊娠中には出産まで、子宮頸部が胎児が子宮の外に出ないように保護しています。

子宮頸部の役割
  • 子宮への異物や水、ウイルスの侵入を防ぐ
  • 胎児が落ちないように子宮頸部でせき止めている

\「異形成に関する記事」はこちら/

「子宮頸部異形成について」記事一覧を見る>>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.