高度異形成(こうどいけいせい)の告知

精密検査コルポ診と子宮頚部組織診

2005/04/04

まだ肌寒いこの日、なんともいえない威圧的(いあつてき)な空気を感じながら、国立がんセンター中央病院を訪れました。

大学病院同様、初診(しょしん)患者は朝早く(7:30位)から整理券を受け取り、予約患者の合間に番号順に初診を受けることになります。

次回からは予約できますが初診は後回し・・・という印象でした。

国立がんセンター中央病院では他医院からの紹介状がなければ受診できません。

となると、この開院前の薄暗いロビーで待つ人々は、どこか別の病院で癌検査(がん検査)に引っかかり精密検査を受けにきたり、あるいは別の病院でお手上げ!となって紹介状を手に転院してきた人たちということになります。

私は20代の健康そのものに見える女性でしたので違和感があったことも事実ですが、みんな自分のことでそれどころではない状況の人たちです。

開院し、照明も明るくなり予約患者やお見舞いの人などが行き交い出すと、ロビーも清潔感漂う雰囲気になりました。

30分程経つと私の名前が呼ばれ、「2階の婦人科受付に行くように」と、ビニール製の手提げ袋を渡されエスカレーターで2階へ移動しました。

婦人科受付に向かう廊下で別科の待合室を通るのですが、高齢の方が多く、「お若いのに気の毒にねぇ・・・」そんな風な目で見られているような気がしました(多分気のせいですが)。

婦人科受付でビニール製の手提げ袋を渡すと、受付の女性から「予約患者さんの合間に入ることになりますので14時か・・・本日は診察を受けられないこともあります。」と説明を受け、時計を目にするとまだ10時・・・それでも待つしかないのだよなぁと気長に待つことになりました。

 

[adsense]

 

14時近くに名前を呼ばれ、ある医師の診察室に入りました。

「こんにちわ」と挨拶するも、その医師はカルテに向かって記入を続けていたので、私は更に声を上げて「こんにちわ!」と繰り返したところで初めて私の顔を見て「お掛けください。」とおっしゃいました。

受付で提出していた紹介状に目を通され、「今回はコルポ診組織診を行います。酢酸(さくさん)を塗り、病巣を見やすくし、コルポ鏡で病変(びょうへん)を拡大し(コルポ診という)、怪しい肉片(にくへん)を米粒ていど採取します(組織診という)。

ほんのちょっと痛みがあることもありますがすぐに終わります。」と説明を受け、私は診察台に上がりました。

器具を入れているな、という違和感と、採取(さいしゅ)したときの痛みはほんのちょっと(手の甲をちょっと摘んだくらい)ありましたが、「痛い!」ということはありませんでした。

子宮頚部が痛みを感じにくい場所でよかった・・・(子宮体部の検査では飛び上がる程痛い、と聞きますよね)。

採取は怪しい部分が数箇所あれば、その数箇所から摂取します。

私の場合は、7箇所から「1mm~3mm」「5mm~7mm」の肉片を採取したそうです。

「組織(そしき)を採取したので出血していますから、ガーゼが入っています。帰る前にトイレでガーゼの端が出ているか手で確認してお小水をしてみてください。

たまにガーゼが尿道(にょうどう)を圧迫して、お小水が出にくいことがありますので。その場合は婦人科受付にお声を掛けてください。

今日はシャワーにして、寝る前にガーゼは取り出してください。

検査結果は1週間後に出ますので、1階受付で次回予約をして帰ってください。私でもいいですし、別の先生でも構いません。」とまたカルテに何かを記入しながらおっしゃいました。

そして、「今見た感じでは、癌(がん)になってはいないと思います。」と言われ、それまで緊張していた私は少し安心しました。診察室に入り、出るまでの時間は30分位でした。

先ほど言われたことをトイレで確認して、会計で約7,000円を支払い、次回の予約をして帰宅しました。

 

[adsense]

 

高度異形成の告知

2005/04/10

12時の予約時間に来院しましたが、婦人科というのは診察以外に診察台に上がる準備と下りて着替えるのに5分前後かかるせいでしょうか、予約時間とは予約順番という役割は持つものの、時間は2時間ほど遅れ、14時にようやく前回と同じ医師の診察室に入室しました。

ぼーっと待っていた頭が急に緊張を感じます。結果はどうなんだろう・・・

そして私は今日、高度異形成(こうどいけいせい)であることを告知(こくち)されました。

「前回の検査結果ですが・・・」と、医師は「子宮頚部異形成から癌へと進行する過程」が載ったプリントを指しながら説明を始めました。

正常細胞から癌細胞になるまで

軽度異形成(けいどいけいせい)と、中等度異形成(ちゅうとうどいけいせい)は、可逆性(かぎゃくせい)であるので行ったり来たりしますが、高度異形成というのは軽度・中等度とは違い、軽くなることはありません。

軽度は1~2%、中等度は20%、高度異形成は40%が、子宮頚癌(子宮頚がん)へと進行します。」

その医師はプリントに数字を記入しながら丁寧に説明を続けました。

 

高度異形成は、癌(がん)の一歩手前ですが、癌ではありません。

2ヶ月に一度検査を受けて、1年経っても変わらないようであれば、手術をお勧めします。

円錐切除術(えんすいせつじょじゅつ)といって、子宮頚部(しきゅうけいぶ)を円錐状(えんすいじょう)に切り取りますが、将来の妊娠や出産に影響はありません。」

 

私は、「40%は癌(がん)へと進行して、残り60%は高度異形成は無くなるのでしょうか?」と質問したところ、医師は「いえ、60%は異形成のままで癌(がん)に進行しないのです。」と答えました。

プリントを手に診察室を出ると、待合室にいる女性達の注目を浴びます。

「この人、癌(がん)と告知されたのかしら・・・?」そんな風に見られるのがイヤで(多分誰もそんなこと思っていないでしょうが)、私は平気な顔をして婦人科を後にしました。

こうして2ヶ月後に1度、国立がんセンター中央病院で精密検査を受ける生活が始まりました。

 

>>次へ「中等度異形成への可逆(かぎゃく)
>>管理人@sarryの異形成体験談を「一気に読む」

 

[adsense]

 

同カテゴリ「管理人@sarryの子宮頚部異形成体験談」の記事一覧

異形成を告知されてから受けた検査や治療・手術そしてこれまでの記録です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.