当サイトは、子宮頚がんの前がん病変である【子宮頚部異形成】に関する情報交流サイトです

「円錐切除術」術後2年半検診

主治医による最後?の細胞診

円錐切除術」を受けて2年半が経ちました。

本当は、前回の検査から半年後に再検査を受けることになっていたのですが、5月の予約をしようとした時には既に6月分くらいまでの予約が終了しており・・・

唖然(あぜん)として、身の回りが落ち着いているであろう、8月に予約を入れたのでした。

予約は午前中のみなので、午前中に予約を入れ、比較的早い時間だった為か待合室で25分ほど待った頃、診察室へと呼ばれました。

「今日は早いわぁ~♪」と思っていたのですが、、「先生がおいでになるまでちょっとお待ちくださいね」という看護士の発言の後、診察室内で約25分待ちました。。

しかもお話をしている最中に電話に出られたり、この日は外来処置も担当しているとかで処置室へと移動されたり・・・「〇〇先生が体調を崩された」とbbsに書込みしてくださった方がいらっしゃいましたが、復帰してすぐ忙しそうな様子です(でもお元気そうでした)。

 

主治医:「お元気ですか? もう手術して2年半だねー! 生理の出血量とか気になることは無い?」

管理人@sarry:「はい!元気ですし大丈夫です」

主治医:「じゃあ内診台で見てみましょう!」と言い、また外来処置へ行かれました・・・

10分程待ったでしょうか。

その間、看護士さんがバスタオルを掛けてくれていますが、あの診察台で待つのはちょっと辛いですね。。

主治医:「お待たせしました!」と再登場し、酢酸(さくさん)を塗って「コルポ診」と併用で「細胞診」をされたようです。

 

器具を入れている違和感はありますが、痛みなどは全く無いので「今、酢酸塗って時間置いてるな」とか「細胞診でこすってる」などと想像します。

そして「膣内エコー」を入れて、診察台にあるカーテンを開けて、モニターに映るエコーの様子を見せてくれます。

主治医:「あれ!以前、筋腫(きんしゅ)あるって僕言ってたかな?」

管理人@sarry:「はい、聞いてます」

主治医:「ピル飲んでる?」

管理人@sarry:「いえ、結婚したので、子供はまだ作らないけど服用は止めてます」

主治医:「あ、結婚したの?おめでとう!はい、終了です」
この後、私が着替えている間にまた処置室へ…。。

いつもは2つの診察室を掛け持ちでしたが、この日は処置室も担当されているので、3つ掛け持ちですからね・・・大変です。

その間に看護士さんが、「検査結果は聞きに来ます?郵送にします?」と尋ねられ、「郵送にします」ということで、住所氏名などを書きながら10分程待ちました。

主治医:「お待たせしました!そうか~、結婚したのかー。苗字は○○になったのね。」

と、先程私が書いた検査結果郵送先の宛名を見て仰いました。

 

Sponsored

 

主治医:「まだ子供作らないの?どうして?」

管理人@sarry:「彼が子供嫌いな人で・・・私もまだ欲しくないかな~と思ってて・・・」

主治医:「最近多いね。片方が欲しくてもう片方が要らないって夫婦。男女どっちがってわけじゃなくて女性が欲しくないけどご主人が欲しいとかね。」

管理人@sarry:「あ~、そうなんですかぁ~。」

主治医:「ホントは妊娠するといいんだけどね。筋腫も大きくならないし。

と、先程の膣内エコーの写真を見ながら仰いました。

 

管理人@sarry:「3つあるんですか? 筋腫

主治医:「ここに映ってるのは3つだけど、3つあるってことはもっとあるってことなんですよ。」

管理人@sarry:「!そうなんですか~。前もあるって言われたんですけど大きくなってる…?」と言っていると

主治医:「うんうん、(前回のエコー写真を見ながら)大きさは全く変わってないね。気をつけて1年に一度は経過を見ていきましょう!生理は順調に来てる?」

管理人@sarry:「はい、ぴったり28日周期で(笑)」

主治医:「じゃあ大丈夫でしょう。乳腺の方は診てもらってる?」

管理人@sarry:「昨年受けてもう1年以上経つのでそろそろ受けようかと思ってました。」

主治医:「受けておいた方がいいよ。リスクがあるからね。今日この後予約して帰ったら?」

と・・・後で思ったのですがこの「リスク」ってどういう意味だったんだろう? と。。

 

管理人@sarry:「あ、こちらに乳腺科あるんですか?」

主治医:「あるよー、ここの乳腺科は日本一だよ!乳がんは判断が難しいからね。予約して帰りなさい、ね?」

管理人@sarry:「はい、そうします!因みに、他の検診とかも全く受けてないんですけど・・・もう3~4年位・・・会社員じゃなくなってから・・・」

主治医:「あぁ、そうか。sarryさんは会社員じゃ無くなったのか(笑)ここにも検診あるから予約して帰ってもいいけど・・・実費だから・・・。

来年ね、病院完成するんですよ!

それで、僕が取り仕切って、女性の体を全て検査できるシステムを作るんですよ。

婦人科だけじゃなくてね、胃とか腸とかも含めて全部検診できるようにするの。

よかったらそっちにおいでよ!それとも今何か気になるところあるの?」

管理人@sarry:「いえ、ここ数年で一番かも?と思うくらい元気です(笑)」

主治医:「じゃあ、そうしよう!いい?そして今日は血液検査を受けて帰ったら?以前クラミジアが出てるからその経過も診たいし・・・で、他にも色々項目追加しといてあげようか?(笑)」

管理人@sarry:「はい!お願いします(笑)」

 

Sponsored

 

血液検査って、例えば「クラミジア感染の経過を知りたいので調べてください」といって血液検査を受けると実費扱いになり、1項目につき3,000円程度お金がかかります。

ですが、今回のように既に理由があって受診している科で検査をする場合、保険適応となりかかる費用を抑えることができるんです。

この辺の判断は医師によるので融通の利かない(いえ、真面目な医師?)だと【クラミジア+その他の項目】は追加してもらえない場合があります。

 

主治医:「それから、今度そっちの病院が完成したら、sarryさんがどうしても僕じゃなきゃイヤだ!って言うならアレだけど(笑)再検査や検診の人など、特に異常の無い人は他の先生に担当してもらうようになるから。

でも検体は僕も診るからね!

僕も診るけど、今みたいに僕一人で多くの患者さんを・・・っていうのはちょっと限界があるからね。

でも僕が先生を指導して診てるからね、その辺は安心して。

で、何か異常があったら僕が診るように・・・ってなると思います。」

 

なるほどー、と思いました。

確かに、今のように、「細胞診3aで経過を診ている人」も、「子宮頚癌(しきゅうけいがん)で命の危険がある人」も、1人の医師が全てを受け持って診るのは限界だと思います。

この日は私は待たない方でしたが、通常2時間は待つので診察の待ち時間をみてもよく分かりますよね。

「細胞診3aの人」は放置していい、ということではありませんが、この医師以外にも異形成や子宮頚癌に詳しい医師は沢山いますし、私が信頼しているこの医師に教授を受けている医師ならば同じように安心なのかもしれません。

 

実は少し前から、管理人@sarryも考えていたことがあって、それは私のように「術後の定期的な検査を受ける人が主治医を独占するのではなく、他に今病気と闘っている女性に主治医の診察時間を譲った方がいいかも?」ということです。

この医師に診てもらっていれば安心、というのはすごくよく分かります。

私も上記のように思いつつもこれまで主治医の診察を受けてきましたから。

でもきっとこのままでは主治医は近い将来、限界を通り越してミスをしてしまう可能性が出てきてしまうのではないか?とも思います。

(私が心配する必要は無いでしょうが、ミスされるのは患者側ですから・・・気になります)

 

新しくなった病院で、どんな風な診療体型・システムになるのか?は今のところまだ分かりませんが、私のようなイチ患者に話していらっしゃるのでかなり具体的に決まっているのではないかとも思います。

私はこのサイトを通して、体験談を公開し、その際に病院名や医師名を実名で記載してきました。

 

「お陰で助かりました!」というお声をいただく一方で、他県・遠方からわざわざ受診に駆けつける方もいらっしゃるようで、実名で記載しておいて何ですが、「そこまでしなくても近くにこの医師と同じように良い医師がいるはず・・・!」と思うこともあります。

 

不安になる気持ちはよく分かりますし、医師を替えることに不安が全くないわけではありません。

ですがやはり、自分はもう治療を終えたのですから、他に「治療が必要な人」に主治医の受診時間を譲って差し上げて、何かあったときにまた診てもらう・・・というシステムに、管理人@sarryは賛成・協力したいと思います。

主治医:「じゃあ次回は1年後でいいよ!・・・検査結果に何も異常が無かったらね(笑)」

と、明るく見送ってくださいました。

 

Sponsored

 

細胞診結果

2008/08/22

郵送で細胞診結果が届いたのは、検査日から20日ほど経過してからでした。

今回は血液検査もお願いしていましたが異常無し。

細胞診結果もクラス2、正常でした。

 

管理人@sarryに寄せられるメールや質問の中に、「細胞診クラス2だけどクラス1にならないので不安です」というコメントがあります。

クラス1も2も正常細胞です。

 

今回、私は細胞診結果クラス2でしたが1でも2でも正常という結果なので、心配する気持ちはありません。

私の場合、今回の「細胞診結果クラス2」は、今年に入ってから生活が変わったり、多少無理をしなければならない状況だったので、疲れが出てきている結果だと思います。

現在少し夏バテ中なので・・・ゆとりのある生活リズムに切り替えていきたいと思います。

次回の検診は12ヶ月後になりました!
 

>>次へ「「円錐切除術」予定外の術後3年検診
>>管理人@sarryの異形成体験談を「一気に読む」

 

Sponsored

 

同カテゴリ「管理人@sarryの子宮頚部異形成体験談」の記事一覧

異形成を告知されてから受けた検査や治療・手術そしてこれまでの記録です。