「円錐切除術」妊娠と異形成~予定外の術後3年検診

予定外の細胞診

2009/02/14

前回の細胞診時に、「何も異常が無ければ1年後の定期検査で良い」と言われていましたが、今回、予定外に「子宮頚部細胞診(しきゅうけいぶ さいぼうしん)」を受けました。

なんと!

予定外でしたが自然妊娠が判明し、円錐切除術後の妊娠・出産について正しく理解している産科医を紹介して貰う為に主治医を受診したのです。

折角だから・・・ということで細胞診も受けることになりました。

(円錐切除術後の自然妊娠・出産については『円錐切除術後の妊娠と出産』に記載しています)

 

主治医:「結果は、次回受診された時で構いません。仮に異形成があったとしても、妊娠中は進行しないからね。

次回は、産後4ヶ月過ぎたらまた再検査に来て下さい。」と仰いました。

 

これを書いている今、既に産後4ヶ月を過ぎ、もうすぐ6ヶ月になりますが、実はまだ細胞診を受けに行けずにいます。

赤ちゃんを一緒に連れては行けないでしょうし、何より予約をしていても待ち時間が長く時間が読めないので、授乳の関係もあり難しそうです。

1~2回分、ミルクで対応してもらって子供を家族に預けて受診することになると思いますが、そうなると土曜日の受診になるでしょうから予約も取り難く、待ち時間も余計に長くなりそうなので・・・といった具合に、タイミングを図っているところです。

次回、細胞診を受けた際にはまた更新したいと思います。
 
>>管理人@sarryの異形成体験談を「一気に読む」

 

[adsense]

 

同カテゴリ「管理人@sarryの子宮頚部異形成体験談」の記事一覧

異形成を告知されてから受けた検査や治療・手術そしてこれまでの記録です。

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.