子宮頸がんの前がん病変である【子宮頸部異形成】に関する情報交流サイト
運営主旨/ごあいさつ 当サイトを運営する管理人@sarry(さりぃ)は、ヒトパピローマウイルス(HPV)51型感染の子宮頸部 高度異形成で1年間過ごし、2006年に円錐切除術を受けました。

子宮頸部異形成はがんではありません。大半の方は自己免疫力などにより自然治癒することが判っています。しかし、ごく一部の方は子宮頸がんへと進行してしまう「前がん病変」であることから、定期検診で様子を診る必要があります。
「いつか がん になってしまうのではないだろうか?」という不安や、いつまで続くか分からない定期検診に精神的・肉体的・時間的負担を感じる女性も多いと思います。

管理人@sarryの術前には、子宮頸部異形成をはじめヒトパピローマウイルス(HPV)について詳しく正しい情報が記載されているサイトが見当たらず、とても不安な日々を過ごしました。
子宮頸がん・子宮頸部異形成を引き起こす原因の1つとされている「ヒトパピローマウイルス(HPV)」の感染については、慎重さが求められる内容だと思います。

私は自らの体験を通じ「ヒトパピローマウイルス(HPV)」「子宮頸部細胞診」「子宮頸部組織診」「子宮頸部異形成(軽度・中等度・高度)」「円錐切除術」はもちろんのこと、婦人科や女性に関する情報を公開しています。

子宮頸部異形成という「がんと正常細胞の中間」で、不安定な気持ちのまま毎日を送る女性同士が交流できる場を運営していきたいと思い当サイトを設立・運営しています。

尚、管理人@sarryは医療従事者ではありません。医療や治療に関するコメントは個人の体験・意見・知識になりますことを予めご了承ください。最終的な判断はあなたの状態をよくご存知でもある主治医にご相談されるようお願いします。

サイト設立日:2006年5月8日
サイト最終更新日:2019年5月
「子宮頸がんと異形成」管理人@sarry

【counter】since:2006/05/08~
Total:
Today:
Yesterday: