子宮頚部異形成の治療・手術の種類

子宮頚部異形成の治療・手術について

「異形成」は癌(がん)ではないので、急いで治療を行うことは少なく、経過や状態、感染しているHPV(ヒトパピローマウイルス)型などをみて総合的に判断されます。

「軽度異形成」の場合

子宮頚部「軽度異形成」は90~95%程度が自然治癒するため、治療は行いません。

2~3ヶ月に一度、細胞診(又はコルポ診組織診)を行いながら経過を診るのが通常です。

▽各検査について

子宮頚部異形成「検査の種類」

 

免疫力・抵抗力を高めることでHPVを自然排除し、その結果「異形成も治る」ことが知られています。

むやみに不安に陥らずに規則正しい生活や無喫煙、適度な運動、バランスの良い食事、そしてストレスをなるべく溜めずに解消できる生活環境を整えつつ定期検査を受けることが大切です。

 

自己免疫力と抵抗力 【異形成にならない】再発しないための「免疫力を高める暮らし・食べもの・飲みもの」

 

「中等度異形成」の場合

中等度異形成の場合は、軽度・高度、どちら寄りの異形成なのか?や、感染しているヒトパピローマウイルス(HPV)型、これまでの経過や状態を考慮して判断されます。

多くは軽度異形成同様に経過を診て、必要ならば治療を行います。

 

「高度異形成」の場合

「高度異形成」の場合、上皮内癌(0期の子宮頚癌)を含んでいることもあるので予防(治療)や病理診断のために手術を勧められることがあります。

子宮頚部(~高度)異形成、子宮頚癌0期では子宮摘出は不必要で、将来妊娠・出産を行うことができます

従って早期発見がとても大切です。

又、子宮頚癌1a期までは、将来出産を望む場合や子宮温存したい場合に子宮を残す事が可能ですが、検査結果データ内容や医師の判断により残せない場合もあるようです。

(詳しくは『子宮頚がんについて』をお読みください)

 

[adsense]

 

子宮頚部「高度異形成」(又は子宮頚がん0期)の治療法

子宮頸部高度異形成からは、治療を行う場合もあります。

治療法は、その病院の設備や患者の経過や病状、医師の技量などにより選択されます。

納得いく治療法を勧められた場合、他の病院をセカンドオピニオンしてみることもおすすめされています。

「円錐切除術」

円錐切除術

現在、日本で広く行われている治療法の1つが円錐切除術です。

精密検査(コルポ診、組織診)で見つかった子宮頚部の異常部分を円錐状に切除する方法です。

高度異形成や上皮内癌(上皮内がん)で病変が浅い場合(0期)、1a1期の初期癌(初期がん)で子宮温存を希望される場合に適応となります。

メス、電気メス、レーザーメス等、使用する器具により日帰り~1週間程度と、入院日数に差があります。

従来のように膣からメスを使用する方法もありますが、現在ではレーザーや高周波の電気メスで円錐切除を行う病院も多くなっています。

高熱で凝固しながら組織を焼き切るので出血も少なく、麻酔を使用して行いますが日帰りや、翌日には退院できます。

費用も安く済み、通常妊娠・出産も問題なくできます。

 

「レーザー治療(レーザー蒸散術)」

レーザー光線を用いて病変部を焼き、蒸散する方法です。

レーザー治療の場合、病変がコルポスコープ拡大鏡で見える場所にある場合に限ります。

見えない部分の病変には適応できません。

また、術後の病理検査の為の組織が残らないので術後診断ができません。

 

「LEEP法(ループほう)」

ループ状の細い電気伝導性ワイヤーを用いて子宮頚部の病変領域(異形成やがん)を取り去る治療です。

通常、部分麻酔下でコルポスコピー補助のもとに行います。

副障害として、術中術後の大量出血が1~4%の患者で起きることが報告されています。

LEEP法の効果は、91~98%で病変が消失すると報告されています。

LEEP法は簡便な外科手術ですが、病理診断のための組織を摘出できるので組織診断によって病変の残存の有無や潜在する浸潤の有無を検出することが可能で優れているとされています。

 

[adsense]

 

「高周波療法(こうしゅうはりょうほう)」

高周波を用いて電磁波の熱で、がん細胞(異型細胞)を殺します。

 

光線力学的療法(PDT)治療

行っている病院は日本全国でもあまり多くないようですが、体にメスを入れることなく行える治療法の1つです。

癌細胞に多く集まり、レーザー光に反応する性質を持つ薬(フォトフリン)を静脈に注射しレーザー光を照射することによって薬を取り込んだ癌細胞(異型細胞)を死滅させます。

体にメスを入れることなく麻酔の必要もない治療法ですが、治療後の生活への負担が大きいのがデメリットです。

治療の際に使用する薬(フォトフリン)の副作用で日光過敏の症状が起きるため遮光生活が必須となり、治療直後の真っ暗な状態から徐々に照度を上げていくために約3週間の入院が必要です。

又、退院後も当分の間(~半年程度)は光を避ける生活になります

 

凍結療法(とうけつりょうほう)

がん細胞(異型細胞)を凍らせて殺します。

凍結療法は子宮頚部をCO2やN20などの液体冷却剤(液体窒素)で凍結することにより子宮頚部異形成病巣を破壊する方法です。

麻酔が不要で、費用負担も少なく外来で処置可能な療法です。

専用器具(お椀のようなもの)で病変を完全に覆うように子宮頚部に接触させ、4~5mmの凍結層を形成させます。

凍結時間は3分間を1回に行う方法と、3分間を2回計6分間行うやり方があります。

凍結療法による合併症は少なく、その効果として86~95%で病変が消失すると報告されています。

凍結療法の欠点は、組織を直接破壊するため組織検体の採取が不可能で、残存病変の有無(病変が残っていないか?)や浸潤病変が潜在していないかなどをすぐには判定できないことです。

海外では広く行われているようですが、日本ではまだあまり行われていないようです。

 

どの治療法を選択するか?

2008年現在、日本で広く行われているのは円錐切除術、レーザー蒸散術、LEEP法などです。

円錐切除術の場合、通常のメスで行うのか?レーザー・電気メスを使用するのか?などで術後の出血量や傷口がくっつく時間の長短に差があるために入院日数が日帰り~1・2週間とかなり違いがあります。

治療を勧められた場合に医師が説明してくれる方法はもちろん個人の状態も考慮されますが、多くの場合その病院で受けることができる治療法のことがあります。

「当院ではこの治療法を行いますが他にはこういう治療法もあります。」と治療法全てを説明してくれる医師は少ないかもしれません。

従って、1人の医師の言葉だけではなく個人で情報収集などを行い、他にどんな治療法があるのか?各治療法のメリット・デメリットやあなたの状態を考慮して納得いく治療法を選択して欲しいと思います。

 

[adsense]

 

 同カテゴリ「子宮頚部異形成あれこれ」の記事一覧