子宮頸がんの前がん病変である【子宮頸部異形成】に関する情報交流サイト

妊娠中のコルポ・組織診で軽度異型成判明、妊娠7ヶ月の再検査で正常になったけいさんの体験談

・39歳、4歳の子供がいます。
・2人目の妊娠をきっかけに行った細胞診で3a軽度異形成と言われました。妊娠中は出血がひどくなるので、コルポは様子をみて行いましょうとのこと。
・転院した病院では、コルポを行う方針であるといわれ、妊娠4か月の時、コルポ診を受けました。あまり痛くはありませんでしたし、出血も想像していたほどではありませんでした(小さなタンポンひとつで充分事足りた、行った日の夜には止まっていて、タンポンを抜いて問題はなかった)
・コルポ診の結果も、軽度異形成。
・妊娠7カ月の時、細胞診。綿棒タイプじゃなくてブラシタイプでこするから、ちょっと出血するよ、と言われ、ほんの少し痛かった。結果は2で、異状なし。出産後3カ月目でまた細胞診で経過観察となり、軽度異形成から脱出しました。
こちらのサイトは本当に参考になりました。感謝の意を込めて、わたしの経過をお知らせします。サイト運営、これからもがんばってください!

▽管理人@sarry
貴重な、妊娠中の精密検査(コルポ・組織診)、細胞診の体験をお寄せ下さり、ありがとうございました。産後の経過もお待ちしております。

「みんなの子宮頸部異形成・子宮頸がん体験談」の記事一覧へ