子宮頚がんの前がん病変である【子宮頚部異形成(しきゅうけいぶ いけいせい)】に関する情報交流サイト

子宮頚部異形成とは

子宮頚部異形成は癌(がん)ではありません!

「子宮頚がん」は、

異形成上皮(軽度 → 中等度 → 高度 )→ 上皮内がん → 浸潤がん と進行していくことが知られています。

 

正常な細胞が癌(がん)になる場合、細胞(さいぼう)の核(かく)の形に変化が現れます。

子宮頚癌(子宮頚がん)では無いものの、正常細胞では無い変化した状態のことを「異形成(いけいせい)」と言います。

HPV(ヒトパピローマウイルス)」の感染によって生じた異形成の大半(90~95%程度)は、免疫力でHPV(ヒトパピローマウイルス)を自然排除し、自然治癒しますが、一部は、軽度→中等度→高度異形成にゆっくりと進行し、やがては癌(がん)になります。

 

途中で「ヒトパピローマウイルス(HPV)」が消滅した場合には、異形成もほとんどが治癒します。

異形成は、将来、癌(がん)になる可能性のある病変(前癌病変)ですが、癌(がん)ではありません。

 

異形成の程度が軽い「軽度異形成」は自然に治り、大部分が将来消えてしまうことが多いので通常は治療は行いません。

又、高度異形成で「高リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)」に感染している場合、子宮頚癌(子宮頚がん)へ進行してしまうことがありますが、全てではありません。

正常細胞から癌細胞になるまで

 

私が国立がんセンター中央病院で頂いた資料(上図)には、異形成から子宮頚癌(子宮頚がん)へ進行するのは軽度異形成では1~2%、中等度異形成では20%程度、高度異形成では40%程度と書かれていました。

(2006年当時の資料)

 

また、異形成は「可逆性(かぎゃくせい)」であるため、高度異形成から軽度異形成になることもあるそうです。

これは一度、「組織診(そしきしん)」を行い、高度異形成と診断され、定期的(2、3ヶ月に一度)に組織診を受け続けることで、異形細胞が採取されることと関係しています。

又、「組織診」で怪しい細胞・組織を採取しつづけることで、無くなってしまう場合もあります。

(病巣が浅い場合、定期的に取り続けていくうちに取り切れてしまう)

 

国立がんセンター中央病院では、「高度異形成」が一度判明した場合、「2ヶ月に一度の組織診検査を1年間続けても異形成が消えない場合は、治療(手術)を行った方がいい」という考えでした。

別の病院では、「一度、高度異形成が出て、リスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)感染がある場合は、治療(手術)を行うのが通常だ」と言われました。

又、婦人科の治療指針の教科書のようなもの(婦人科学会の定める治療ガイドライン)では、「高度異形成は稀(まれ)に、上皮内癌(0期の初期癌)を含む場合があるので、治療(手術)を勧める」ことになっているそうです。

(ガイドラインはその時の治療技術などで変わります)

コルポ診・組織診で確認できるのは、目で確認できる範囲の検査結果で、目に見えない部分・届かない部分・内部(子宮の奥側)では、進行している可能性が出てくるからです。

実際、高度異形成で手術を行い、病理検査の結果で、0期の癌(がん)が発見されることも珍しくないそうです。

 

Sponsored

 

 同カテゴリ「子宮頚部異形成あれこれ」の記事一覧