検査結果「3a」「as-cus(アスカス)」と言われて不安いっぱいで訪問された方へ>>

<募集終了>フジテレビ「特ダネ!」取材協力者募集について

11月中に異形成(又は子宮頚癌)で円錐切除術を受ける方にお願いがあります!

2007/12/3(月)にフジテレビ「特ダネ!」のコーナーで子宮頚癌(子宮頸がん)特集が予定されています。
その中で子宮頚癌(子宮頸がん)の前癌病変(前がん病変)である異形成について特に重点的に取り上げられます。

【番組名】 『特ダネ!』(全国フジテレビ系 月~金 午前8:00~10:00生放送)
【コーナー名】 「特捜エクスプレス」(番組後半の特集枠 9:05頃から15分程度)

【企画内容】 『若い女性に急増…子宮頸がんを予防する』(仮)
20代~30代の女性で増加している子宮頸がんとはどういうがんなのか、異形成の段階で治療を行えば子宮を摘出することなく妊娠することも可能であること、ゆえに検診がとても大切だということを患者さんへの取材を通して描いていきます。海外との比較データや、検診の方法、将来ワクチンも期待されていることなどの情報もフォローする予定です。
【放送予定日】 2007年12月3日(月)

今回、上記番組ディレクター(女性)さんより当サイト管理人@sarryのところへ取材協力の依頼がありました。
ディレクターさんの身元や企画内容などはきちんと確認を取り、実際にお話させていただき信頼・安心できると判断しましたので当サイトをご覧の方にご案内いたします。

現在、毎年約2700人の日本人女性が子宮頚癌(子宮頸がん)で亡くなられています。
子宮頚癌(子宮頸がん)は異形成という前癌病変(前がん病変)で発見し治療することができる、云わば予防できる癌(がん)なのに毎年こんなにも多くの女性が命を落としているのです。これはとても残念なことだと思います。

日本の子宮癌(子宮がん)検診率は20%程度だそうで、これはアメリカの子宮癌(子宮がん)検診率である80%と比べるととても低い数字です。私も、恐らくここを訪れた方も異形成の段階で発見できたのは検診を受けたからです。異形成の告知を受けたときはショックですが早期発見できたのは検診を受けたからに他なりません。管理人@sarry同様に「あの時検診を受けていてよかった…」と思える女性もいるはずです。

子宮頚癌(子宮頸がん)は予防できるということ、検診を受けることが大切だということを前向きに伝えたい!という番組ディレクターさんの主旨に管理人@sarryも大きく賛同し、できる範囲で協力したいと思うので募集告知いたします。

上記企画内容にご理解いただける方で、子宮頸部異形成(又は子宮頚癌)で11月中に円錐切除術を受ける予定の方は管理人@sarryにご連絡ください。*日にちに余裕が無く、急なお話ですがご協力できる方、お待ちしています。

尚、ご協力いただける方のプライバシーは最大限保護されると伺っています。
詳しくはメールでお問い合わせください。

*上記募集は終了致しました。ご協力下さった方、本当にありがとうございました!

Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.