子宮頸がん検診~受けておきたい婦人科検診

*「子宮頚がん」については『子宮頚部異形成のあれこれ~子宮頚がん』に記載していますのでこのページでは子宮頚癌(子宮頚がん)の検診方法についてお話します。

 

「子宮頚がん」の検診方法について

子宮頚癌(子宮頚がん)の検診で行われるのは子宮頚部細胞診です。
会社の健康診断や一斉に行われる子宮癌(子宮がん)(がん)検査の多くは子宮頚部細胞診です。

子宮頚癌(子宮頚がん)の発生しやすい部分(子宮頚部粘膜の扁平上皮領域と円錐上皮領域の境界面)を綿棒やヘラ、ブラシなどで軽くこすって細胞摂取して顕微鏡で調べる検査で、一瞬で済み、痛みは全くありません。
子宮頚部は痛みを感じにくい部分だからです。

癌(がん)細胞は正常細胞とは異なる形をしているのでかなり正確に癌(がん)の危険性をみることができます。短時間で済み痛みもないことから集団検診のスクリーニング検査はこの細胞診を取り入れています。
細胞診は最終診断ではなく、あくまでスクリーニング(仕分け)の検査法で、細胞診と子宮頚部組織診の一致率は約95%です。

子宮頚がん検診(細胞診)の結果分類について

細胞診で最終診断することはできないので、細胞診の結果は病名ではなくクラス1から5までで表します。

クラス1…(陰性)正常
クラス2…(陰性)炎症などの影響を受けて少し変化した細胞があるが、正常
クラス3a…(擬陽性)軽度から中等度の異形成を疑う
クラス3b…(擬陽性)高度の異形成を疑う
クラス4…(陽性)早期がん、0期のがん細胞を疑う
クラス5…(陽性)1a期以上のがん細胞を疑う

「子宮頚がん」が疑われる場合について

細胞診で異常があった場合、その後受ける検査については『子宮頚部異形成のあれこれ~異形成~検査の種類』をお読みください。

「子宮頚がん」は予防できる癌(がん)

現在、日本では毎年約2,700人の女性が子宮頚癌(子宮頚がん)で命を落としていますが、子宮頚癌(子宮頚がん)は他のどの癌とも異なり予防できる癌(がん)です。

子宮頚癌(子宮頚がん)は非常にゆっくり進行し、初期の段階では前癌病変(前がん病変)と呼ばれる癌細胞(がん細胞)に至らない異型細胞の状態でとどまっています。

正常細胞から異形細胞に、異形細胞から癌細胞(がん細胞)になるにもそれぞれ半年から数年かかるので、何の症状がなくても年に一度子宮癌(子宮がん)(子宮がん)の検査を受ければ子宮頚癌(子宮頚がん)は早期で発見でき、半年に一度検査をしていれば異形細胞の段階で発見することができます。

「子宮頚がん検診」を受けた感想

本当に痛みも無く一瞬で終わっていて気が付きませんでした。詳しくは『管理人@sarryの子宮頚部異形成体験談~初めての子宮がん検査』でお読みいただけます。

「子宮頚がん」の望ましい検査方法について

通常、子宮頚部組織診は単体で行われますが、子宮頚部は肉眼レベルの観察では不十分です。
細胞採取した近くに子宮頚癌(子宮頚がん)があっても、たまたま採取した箇所が正常細胞の場合、その子宮頚癌(子宮頚がん)は見逃されてしまう可能性が出てしまいます。

この件については管理人@sarryも体験していますので詳しくは『管理人の異形成体験談~高度異形成が2ヶ月で消えた!?』でお読みいただけます。

拡大鏡(コルポスコープ)を使用したコルポ診を併用し細胞診を行うことでより精度の高い検査になるといえます。

「子宮頚がん」の新しい検査方法について

近い将来、新しくより精度の高い検査方法が導入されそうです。
詳しくは『異形成~検査の種類~子宮頸部異形成のあれこれ』をお読みください。

同カテゴリ「受けておきたい婦人科検診」の記事一覧

女性にとって恐ろしいのは子宮頚癌だけではありません。他にも受けて欲しい婦人科検診について記載しています。